カテゴリー: (page 2 of 2)

iPhone(iOS)のレアな天気表示

東京の冬が寒すぎるので、2週間ちょっとUAE(アラブ首長国連邦)に行ってきました。

むこうの2月は冬なのですが、珍しい天気に遭遇しました。


「ほこり」です。
アイコンも見たことがないものが並んでいます。

さらにApple Watchを見ると・・・

「ちり煙霧」って初めて聞いたわ・・・

野外でまともにくらうと、全身にサンドブラストを当てられているような状態で凄く痛い!

車を走らせていても何度もこんな状況に。

砂漠のど真ん中でこんな状況に遭遇したら、生命の危機を感じる。

ちなみにドバイではetisalatという日本で言うとau的な(?)キャリアのSIMを買って使っていました。
その件でも一悶着ありましたが、それはまた別の機会に。




スペインでプリペイドのSIMを買って使ってみた2015

cambrils

例年通り夏のバカンスとして今年もヨーロッパの旅に行ってきました。
今年は一昨年も行ったスペインのカタルーニャ地方、タラゴナという大きな街の近くのカンブリンスという小さな町。
バルセロナのエルプラット空港から車で1時間半くらいの場所です。

滞在させてもらった家にはWi-Fiがあるのですが、外出先でもモバイルインターネットがしたい!
ということでまずは空港でSIMを買うことに。

Lebaraというキャリアを選択

Levaraカウンターにて
事前に下調べしていったLevara(レバラ?)という、スペインではVodafoneの回線で運用しているMVNOを利用しました。
ターミナル1にはLevaraのカウンターがあるというところまでわかっていたので、さっそくカウンターへ。
辿り着くまでには携帯ショップがいくつかあり、Orangeなどの他のキャリアも選択できたのですが、地元の方もおすすめとの事なので計画通りLevaraを選択。

料金プランは・・・

levara_web
これも事前にWebで知ら調べをしておいたInternet Passesの2GB。
こちら30日間有効の2GB/14€プランになります。
今回の滞在が約3週間だったので、2人で使うことも考え2GBにしました。
2人で使うというのは、テザリングを想定した利用という事ですね。

最新情報は → http://www.lebara.es/passes/internet

こんなパッケージ

IMG_3223
右下が外箱で、中身が説明書とおなじみSimをパキッと外すカード状のものね。

カウンターは仮設っぽい感じで、お金の支払もここで行うのではなく、レシートみたいなのを渡されて近くの売店で支払う感じ。
設定も快く引き受けてくれて無事開通。

回線速度

気になるのは回線速度ですよね。
端末がLTE対応ではなくHSPAなので速度が出ないのは当たり前として、町中で測定してみたのが以下。
speedspot_levara
まぁ、可もなく不可もない数字ですね。
基本的にテキストコミュニケーションや、SNSを軽く見る程度だったら、ストレスなく見られるって感じでした。

最終的なデータ使用量

Screenshot_2015-07-26-06-31-11
1.3GBほどしか使用しませんでした。
滞在先にWi-Fiがあったことで、相当削減できたはず。
Google Photosのバックアップなども切っていたので、さほど使いませんでした。
が、1GBじゃ足りなかったな〜ってことで2GBプランという判断は正しかったなと。

まとめ

IMG_3222
今回も前回同様Xperia E1 Dualをテザリング端末として運用していたのですが、iPhoneを使う時にいちいちE1のテザリングをONにするのが面倒でしたねw
次回のメイン端末の買い替えは絶対にSIM(ロック)フリーにしたいなと。

以上、みなさんのご参考になれば幸いです!

プリペイドSIMカードプリペイドSIM【イギリス含む71ヶ国対応】 (25GB 3000分現地通話 30日間)**イギリス25GB,ヨーロッパ12GB
created by Rinker




Xperia E1 Dual D2105に海外キャリアのSIMを入れて現地で使ってきた

base Sim
先月の記事の計画通り、Xperia E1 Dualに今回の渡航先ベルギーの通信キャリア「BASE」のSIMカードを入れて使用してきたので簡単にレビューを。

■SIMの購入と設定

BASEのショップはブリュッセルのみならず主要な都市には必ずあります。
また、ブリュッセル国際空港にはインフォメーションの前にBASEのショップがあります。
今回はまずここで15€のSIMカードを買いました。

base_sim
SIMカードには切り込みが入っていてノーマルSIM、マイクロSIM、ナノSIMにカットできるようになっているので、どんなSIMカードの形式でも対応できる。

Xperia E1 DualのSIMのサイズはノーマルサイズなのでカットの必要なし。

ここからお店の方に設定をお願いすることに。
PINロックの解除、アクセスポイントの設定などを行っていただき、
事前に調べてプリントしていったOPTIONS FOR SMARTPHONES AND BLACKBERRYプランのMail & Surf 10に申し込みたい旨を伝えます。

申し込みはSMSで1914という番号に「SURF10」と送るだけ。
これで30日間、10€で1GBのデータ通信が行えるようになります。

■使用感

Xperia E1 dual
Xperia E1 Dualのの動作に関しては、当然ながらiPhone 5Sと比べるともっさりしてます。
しかし主にテザリング機としての購入なのでそこはよしとしましょう。
iPhoneとのテザリングも問題なく、2、3台同時につなげても全然OKでした。
また、テザリングをONにしてから、1.2秒でiPhone5SからWiFiをつかむことが出来、割とスムーズ。

電波のつかみもまぁまぁ。主要都市なら問題を感じません。
しかし南部の森のなかに1件だけ佇むホテルなどでは、残念ながら電波がつながりませんでした。
iPhoneでも電波をつかめていなかったので、これは端末の電波のつかみ云々ではないと思われます。

後半はテザリングが面倒になり、直接ingressをやったりGoogle Mapを見たりしていました。
もうちょい動作がサクサクだとよいなーといった感じ。

■Xperia E1 Dual D2105の雑感/まとめ

これをメイン端末に使うには、使えなくはないけど少々もっさりしている印象を受けるでしょう。

しかし本体を直接使わず、テザリング端末としてわりきって使うなら、とてもコストパフォーマンスが高いといえます。
2万円以下のこの価格帯で買えるSIMロックフリーのテザリング端末としては凄くオススメ。

>>今回紹介したSIMロックフリースマートフォン

スペイン旅行雑感

約2週間、スペインはカタルーニャ州、タラゴナ県のCambrils(カンブリス)に行ってまいりました。
もちろん代表的な都市バルセロナにも2日間ほど行きましたが、ほとんどはカンブリスに滞在していました。

カンブリスはバルセロナから車で1時間半位のビーチリゾート。
しかも最盛期が30年前くらいに一旦過ぎた、割りと落ち着いた街で治安もよく、とても静かな街。
ビーチにも人が多すぎず、非常に快適に過ごすことが出来ました。

バルセロナは非常に刺激的な街で楽しかったのですが、世界水泳の真っ最中ということもあってガウディ建築に群がる人人人。
やはり自分は人が多い所が苦手なんだなぁと再確認。

気候や生活は最高。
昼過ぎにはシエスタ、夜22時位が日没。
御飯も美味しいし、なによりむこうでお世話になったおうちの方々のマインドが最高。
初めて行った国でしたが、住んでみたい思わせる魅力でいっぱいの国でした。

NEXTRAVELER(ネクストラベラー) vol.02 バルセロナ (素敵な星の旅行ガイド)

新品価格
¥1,890から
(2013/8/7 15:18時点)


↑スペイン旅行に際して一番のおすすめガイドブックはコレ!
一般的なガイドブックとは違いますが、抑えておきたいスポットは網羅されてます。